HOME>オススメ情報>新築住宅を購入して充実した生活を送ろう【家族の憩いの場を準備】

新築住宅を購入して充実した生活を送ろう【家族の憩いの場を準備】

一軒家

マイホーム購入を成功させる秘訣

マイホーム購入の際に自分、または家族に合わない家を購入してしまうと、将来様々な問題に悩まされることになります。そのためマイホーム購入の際には3つのポイントに気をつけることが大切です。1つ目は資産価値です。資産価値を重視して、将来をきちんと考え、購入後に価値が下がりにくい家を選ぶことが大切です。特に郊外の物件は都心の物件に比べて購入価格の安い物件が多い反面、価格が下る可能性が高くなります。また都心の物件でもエリアごとによって資産価値が変わってくるのできちんと下調べをすることが大切です。他にも注文住宅に比べて分譲住宅のほうが資産価値が高くなります。2つ目は安全性です。地震大国と呼ばれる日本では耐震設計に注意する必要があります。地震に対する強度は4種類あり、築年数と共に気をつける必要があります。3つ目は利用価値です。利用価値と資産価値には反比例の関係があり、住心地や居住性などの利用価値を重視しすぎてしまうと、資産価値が下がってしまいます。そのため利用価値と資産価値のバランスに注意する必要があります。

新築住宅を購入する魅力

一軒家

維持費がかかりづらく、将来の資産にできる

新築住宅は設備など全てが新しく、築年数が古い住宅と比べて建物の劣化が遅いです。そのため修理や補強の工事をする必要がなく、高額な費用がかかる大規模なリフォームも行う必要がないため維持費を抑えることが出来ます。また新築住宅は資産価値が高いため自分の子供に継がせるなど、資産の一つにできます。

耐震性が高くて丈夫な設計

地震大国と呼ばれる日本では地震がとても多く、地震の他にも台風やゲリラ豪雨など自然災害が多いとされています。新築住宅はそれらの自然災害に備えて、最新の耐震設計など様々な方針に沿った設計で、強く丈夫に建築されている住宅が多いです。そのため安心して住むことができます。

外観や内装が綺麗にできている

築年数が古い住宅の場合、設備が古いため不便を感じる場合が多いとされています。それに対して新築住宅は外観や内装が非常に綺麗になっています。また設備も最新のものを使用している場合が多いので、不便を感じにくい設計になっています。また設備によっては最新設計により節約機能を使うことで、水道費や光熱費を抑えることも出来ます。

広告募集中