憧れのマイホームを準備する方法

憧れのマイホームに住むためにはいくつかの手順を踏む必要があります。はじめに自分が住みたい家のイメージを元に情報収集をします。情報収集には物件の下調べや、実際に見学をして比較をするなど様々な方法があります。自分に合った家が見つかったら契約をして、その後登録などをすることで入居することができます。

マイホームに注文住宅を選ぶ人が多い理由

一軒家
no.1

自由度の高い家を作ることができる

注文住宅はすでに完成している建売住宅と違い、デザインや間取りを自分好みにカスタマイズできるというメリットがあります。また内装だけでなく外装も自由にデザインすることができます。他にも内装などのデザインだけでなく耐震性など安全面にも関わることができます。このように購入計画から入居までの時間はかかる反面、さまざまな要望を実現することができます。

no.2

工事の過程を見ることができる

すでに建設が終わっている建売住宅と違い、注文住宅は家の構造や耐震性など家の中身を確認することができます。工事の初期段階から実際に自分の目で確認することができるため、安心して暮らすことができます。実際、注文住宅は建売住宅に比べて欠陥住宅が圧倒的に少ないと言われています。

no.3

工夫次第で費用を抑えることができる

建売住宅の場合、すでに完成しているため基本的にかかる費用を変えることはできません。それに対して注文住宅の場合、使用する建築資材を自由に選ぶことができるため費用を抑えることができます。目立たない部分や、特にこだわらない部分の資材は安くおさえ、こだわりたい部分に費用をかけるなど様々な工夫ができます。注文住宅は工夫次第で費用を抑えることができるので、設計前に担当者ときちんと相談することが大切です。

手早くマイホームを手に入れるなら分譲住宅が吉

手早くマイホームが欲しい場合は分譲住宅が良いとされています。分譲住宅は注文住宅と比べて契約してから入居までの期間が短いという、メリットがあります。すでに設計、建設が行われている物件なので時間をかけずに入居することが出来ます。また土地と住宅を同時に購入するため手間も少なくなります。

注文住宅と分譲住宅それぞれのメリット

自由度の高い注文住宅に住むメリット

注文住宅は分譲住宅と比べて自由度の高さが特徴的です。自分でデザインを考えることができるので理想のマイホームを持つことが出来ます。

予算を抑えることができる分譲住宅に住むメリット

分譲住宅は注文住宅と比べて予算を抑えることが出来ます。同じエリアに同じグレードの家を建てる場合でもコストダウンができる可能性が高いです。

理想の注文住宅を建てるためのポイント【情報収集が大切】

一軒家

住宅を一から建築するなら信頼できる工務店をチョイス

住宅を一から作りたい場合は、ハウスメーカーよりも工務店が良いとされています。工務店の場合、ハウスメーカーに比べてプランの自由度が高いというメリットがあります。また地域密着型なのでアフターケアも良いとされています。価格も原価に近い料金で請け負ってくれるため、費用を抑えることも出来ます。工務店はハウスカタログやホームページで、アピールポイントや建築に対する意欲を掲載している場合が多いので確認することが大切です。

空き部屋

評判の良い住宅メーカーを選ぶ時のポイント

良い住宅メーカーを選ぶ際には顧客重視型のメーカーを選ぶことが大切です。特に質問をした時の返答によって良さがわかると言われています。質問の際には3つのポイントに気を付ける必要があります。1つ目はきちんと説明しているかです。建築における常識だけでなく、住宅メーカーの個性や特徴を踏まえて説明しているかどうかがポイントになります。2つ目は耐震基準についての説明です。耐震基準は4種類あるため、きちんとどの耐震基準を元に設計しているかがポイントになります。3つ目は費用の説明です。家を購入する際の費用は総合的に考えた場合、当初の予算と異なることがあるので事前に説明しているかどうかがポイントになります。上記の事を確認するためにも口コミやランキングサイト、ハウスカタログだけで選ぶのではなく、実際に質問することが大切です。

広告募集中